img_02

病棟保育士の求人を探す前の知識

保育所ではなく、病棟で保育を行うのが病棟保育士と呼ばれる職業です。


入院中の子どもの世話をする専門家です。


医師、看護師と連携して、病院での保育を行います。
勤務場所は病棟です。入院中の子どもたちに対して、食事、排泄、着替え、などの世話を行います。



症状が軽い子とは一緒に遊んだりして、症状が重い子には睡眠や静養を十分にできるようにサポートするのが仕事です。
医師や看護師は、治療や看護のために子どもに注射を打ったりしますが、病棟保育士は治療には直接関わらないので、子どもにとって安心できる存在です。

医療スタッフの一人とみなされますが、治療には一切関わらないところが特徴です。病棟保育士の求人に応じるには、一般保育士と同様に保育資格を取得することが必要です。

エキサイトニュースを理解するには正しい知識が必要です。

養成課程のある短大、大学、専門学校を卒業するか、もしくは国家資格試験にパスするかのどちらかの方法でもなれます。
ただし、国家資格試験は合格率が低いので、養成課程を修了させた方が確実です。
医療行為には関わらないですが、医療の専門知識は必要です。



病棟保育士の養成を専門的に行っている学校に行けば学ぶことができます。

求人の適正は、子どもが好きな人、我慢強い性格、途中で投げ出さない、人の世話が好き、誰にでも優しくできる、人の役に立つ仕事がしたい、などの条件に当てはまっている人です。

一般的な保育知識だけではなく、医療知識が求められるので、専門性の高い仕事です。