img_02

保育士の求人倍率が上がっている。

保育士の資格は持っているのに、じっさいには別の職業に就いているひとは、全国に60万人はいるそうです。


そういった潜在的な保育士にどうにか復帰してほしいと、国をあげて再就職支援をおこなっているそうです。

しかし求人はあれど、人手は集まらず、といった状態が続いているのが現状です。

ではなぜ、資格はあるものの、保育士の仕事を続けようとはせず、すぐに辞めてしまうひとが多いのか?その答えは簡単で、保育士という仕事は、小さな子供達を責任を持って面倒みることが必要とされるために、精神的なストレスも多く、そのわりには給料がほかの職業に比べて極端に低いからです。



都市部にいたっては、深刻な待機児童問題があります。これは、保育所や学童保育施設に入所申請しても、じっさいには人手が足らず、児童の面倒をみることができなくて、児童を受け入れることができず、入所が不可能な状態になってしまう問題のことです。

日本に起こっている社会現象の一つです。



ちなみにほかに入所可能な保育所があるにもかかわらず、希望の保育所以外は入所したくはないと、待機している児童に関しては、待機児童と認められません。
待機児童問題は、ますます深刻化しています。
解決策のためにも、保育士の人手不足をどうにかしなければならず、国もこの問題には対策を練ってはいるそうですが、依然、求人倍率は上がるいっぽうです。

やはり給料が安いという現実的な問題を、まずは見直すべきなのかもしれません。

明日に役立つAll About情報の豊富さで有名なサイトです。